御代替り展 第3弾

京浜伏見稲荷神社 cafeは和と現代的なテイストのあるとてもステキなところ。

即位式と大嘗祭の資料の展示をし説明ました。

(神奈川県川崎市中原区新丸子東2-980)

10月22日と11月14.15日に行われる即位の礼と大嘗祭の資料を公開し、説明のあと白酒で乾杯!!

記録の上では天武天皇2年(671)よりはじまったお祭りは飛鳥時代から御代代りの度におこなわれ、儀式として形の整った平安時代からはずっと京都御所で行われてきました。

昭和までは、日本各地から大阪→淀川→伏見稲荷→京都御所へとお供えが届きました。

東京(皇居)では平成からで、2回目!

令和元年・御代代りの年

この歴史的な行事をテレビで観る前にちょっと知識を!

昭和までは 伏見稲荷→京都御所だとすると

令和は京浜伏見稲荷→皇居! でしょうか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です